まとめ
ご覧頂いたように、アームスイングとボディスイングはフルショットからバンカーを含めたアプローチショットまで、それぞれ一貫した基本理論であることがお分かりになったと思う。
両スイングの違いは土台である下半身と上体特に腕の使い方にある。
膝を伸ばしたアドレス、右腕主体で膝を前後してアドレスの位置でボールを打ち抜くまで、腰の回転を我慢して、その後軸を動かさないで、腰を回すのがアームスイング。
膝を足の真上に少し曲げたアドレス、右肘をテコに腕主体で肩が回り、腰も少し回るトップ。右肘を右腰横に落とし、左肘を下に向けて脇につけた左腕をキープして、右腰でインパクトし、そのまま振りぬく。ここまでは軸が動かないが、フォローからフィニッシュに向けて軸が左足まで動く。これがボディスイング。
大切なことはアドレスで出来たポスチュア(姿勢)、アングル(前傾の角度)、軸を変えないでスイングすることである。
そのためには上体の動きを支え、パワーの源である下半身がレベルに回ること。
それを画で見てみよう。
Copyriught(C) Aussie-Golf.org.All Rights