パッティング.2 >3 >4 >5 >6 >7 >8 >1
クラブフェースがインパクトでいつもTを指すためにはヘッドのトウがテークバックではヒールを追い越し、インパクト後でも段々追い越していく。クラブフェースはテークバックでは開き、インパクトではスクエア、フォローでは閉じるように見える。
体の軸を中心にクラブが動くからである。スイングでも同じ動きといえる。ヘッドは弓状、アークを描く。これをアーク理論という。
大事な局面でのパッティングでほぼ完璧に入れるあのタイガー・ウッズもインパクト後にはトウがヒールを追い越す感じであり、フェースを真っ直ぐに前後に動かすことは不自然であると彼の書で述べている。
PSレーザーオン PSレーザーオフ
ボールの位置は左目の下
眉間の下はヘッド
眉間から脊椎が軸である
この軸を中心に左右対称にパターが動く
トウがヒールを追い越している
これでフェースはTより右を指す
インパクト時 インパクト時
フェースは左を指す
Copyriught(C) Aussie-Golf.org.All Rights