オンプレーン
ここではインパクト時でのシャフトとボールとの線(赤線)でどう動いているかを見てみたい。インパクトゾーンでどのくらい長くこの線上をクラブが走るかによって正確性が変わってくる.
インパクト時でのフェースがスクエアで、ローテーションしないで、この線上を長く動くならば必ず真っ直ぐに飛ぶ。これができていることをオンプレーン打法という。
アームスイング ボディスイング
ヘッドがTLより斜め後ろを指したトップ ヘッドがTLより斜め後ろを指したトップ
ここで赤線とシャフトが平行 ここで赤線とシャフトが平行
赤線に乗る寸前右肘が腰に付く 赤線に乗る寸前右肘が腰に付く
インパクト インパクト
プレーン上 プレーン上
プレーン上 プレーン上
これだけ長くプレーン上を動くゴルフスイングの持ち主は少ない。インパクトゾーンでシャフトが赤線の下から入り、インパクト後に上に抜ければフック系。上から入り下に抜ければスライス系の球筋になる。したがって真っ直ぐな球筋はインサイドイン(オンプレーン)でなければならぬ
理理論は違っても四つの条件に適合していることがお分かりになったと思う。
アドレスはインパクトを想定した左体重をとる
左股関節を左右に動かさないでアドレスの位置をキープしたままテークバック、ダウンスイングからフォロースルーまでここを基点にスイング
これによって、アングルと軸が変わらないことで正しいインパクトが約束される
アングルと軸を変えないことによって正しいインパクトが約束される
(アングルか軸がスイング中に動けば再現性が不可能となりパワーも方向性も欠ける)
ボールビハインドをスイング中守る
右肘をテコに腕でテークバックを行い、肩はそれにつられて回る
(肩でテークバックすると体が回りすぎ、ポスチュアが変わり、右肩が上がりすぎる)
(いつも違った特別な動きが加わり、安定性にかける)
正しいポスチュアを取り、アングルと軸を守ってスイングすることが体重移動を生み、パワーと方向性確実なオンプレーン打法になる
Copyriught(C) Aussie-Golf.org.All Rights