からだの軸とボールビハインド
グリップで右手が下側であるので、右肩が左肩より下がったアドレスになる。頭はボールの延長線(赤線)の後ろ側にアドレスする。打ち抜くまで頭は赤線を越さない。これをボールビハインドという。体の中心である軸(脊椎)は僅かに斜めである。右肩が下がりすぎると軸は斜めがきつくなり、真っ直ぐな球は打ちにくい。
アームスイング ボディスイング
左耳の下にボール 左耳の下にボール
頭は赤線より外れる 頭は赤線より外れる
ここまで頭キープ ここまで頭キープ
軸が真っ直ぐなフィニッシュ 軸が真っ直ぐなフィニッシュ
Copyriught(C) Aussie-Golf.org.All Rights