正しいポスチュア
ゴルフの難しさは動きやすい両腕と両足の使い方にある。軸になる胴体との関係でスイングができる。そのためには、土台となる下半身をできるだけ動かさずに、上体を捻じること。即ち下半身と上体の捩れの差を大きくすることが大切である。正しいポスチュア(構え方)をとり、クラブを捻じり上げ(コイルアップ)てインパクトではアドレスの位置に戻し(少しシャフトは前になる)、振りぬくことを意識すべきである。しかも、アングルを変えない努力が軸を作り、再現性のあるゴルフスイングが可能となる。右腕を主体的に使うアームスイング、両腕を脇と胸に付けて右腰を強く使うボディスイングをご覧ください。右腰が逆くの字、両足の中でスイングされていることに注目してください。
アームスイング ボディスイング
右腰の位置が変わってない 右腰が捻転したトップ
左膝伸ばす
左膝伸び始める
体の正面でインパクト 左肩腕ヘッド一直線
左膝伸びきっている 左膝伸びきっている
左サイド一直線
右腰は左足の手前
左サイド一直線
右腰は左足の前まで回転
Copyriught(C) Aussie-Golf.org.All Rights