■安定した反復の必要性

ゴルフスイングで一番大切なもの、それはいつでも同じスイングができる、反復性ではないでしょうか。同じ球筋、意図した飛距離を保証する、安定したスイング。
両手でグリップしたクラブを腕と体でテークバックし、ボールに向かってクラブヘッドを戻し、ターゲットの方向に打ち出すのがゴルフスイングだとすると、胴体、筋肉、腕、足などをいつも同じ動きを繰り返す必要があります。

■シンプル化がベスト

そのためにはより合理的で、シンプルなスイングが求められます。積極的(主導的)に動かす部分、消極的(従属的)に動かす部分、できるだけ動かさない部分を明快に分け、しかも積極的に動かす部分を一つでも少なくすることがその目指す方向となります。

それをオーストラリアの二つの最新理論が明快に解決します。
大切なこと
Copyriught(C) Aussie-Golf.org.All Rights